履き始め

 

正しい履き方.png

 

下駄(雪駄・草履)の履き方

下図に履き方例を載せていますのでご覧ください。
例は下駄ですが、雪駄・草履などのその他和装履物も全て共通だと思って頂いて大丈夫です。

よくあるのが奥まで入れてしまって足が痛い!というパターン。
花緒の履物は奥まで入れれば入れるほど足が花緒に締め付けられるようになり、圧迫感を感じるようになります。
その状態でガマンをして履くと、見事花緒ズレ、ということになるわけです。
理想は前壷と指の股の間に隙間を残して履くこと。
これだけで花緒から足へと掛かるプレッシャーがかなり軽減されます。

次に多いのは人差し指の内側が(前壷に)当たって痛いというもの。
これは素直に真っ直ぐに履いている証拠です。
和装履物に左右はありません。
従って前の穴は真ん中に空いていますので、真っ直ぐに足を通すとどうしても人差し指側が窮屈になるのです。
慣れた方だと勝手に指が開くようになっていくのですが、慣れない方だと「痛い」ということになりやすいです。
これを解決するには踵が内側に向くよう、多少斜めに履物を履くということです。
この少しの角度が人差し指側にスペースを作り快適に履く事ができ、花緒が足に当たらず花緒ズレ防止にもなるわけです。

下駄(雪駄・草履)の履き方 上から見た図

 

踵は出して履くもの、出る履物

上記のように少し余裕を持たせて履いてみると、自然と踵が出ていると思います。
これが「踵を出して履く」という意味だと思います。
「出す」というよりも結果的に「出る」という方が近いような気がします。
「踵が出てしまう」「小さくないですか?」と言う人に限って花緒も奥までしっかり履こうとする事が多いです。

続く「歩き方」の方でも触れますが、横から見た時点でやや前重心の方がバランスが取れる作りになっている事に気が付くと思います。
これは草履でも雪駄でも同じことです。
前重心を意識する事でバランスもよくなりますし、歩きやすくなるのは間違いありません。

下駄の履き方 横から見た図

下駄(雪駄・草履)の歩き方

歩き方に関しては、文章を読むよりも先に歩いてみた方が話が早いと思います。
履物を購入して頂く際に多くの方に試し履きをして頂くのですが、初めての方も含めほとんどの方が普通に歩くことが出来ます。
そんなに難しく考えるようなものではありません。
大事なのは「下駄だから」「雪駄だから」「草履だから」といった特別意識をしないことだと思います。
まずは歩いてみてください。

わかりやすい例が二枚歯の下駄なので、ここでも下駄で説明させていただきます。
下駄で歩くと自然と下駄が前に倒れると思います。
これが出来れば99%は終わったようなもの。

安心してください。それで良いんです。
下図のような倒しきった形になり、次の一歩へと繋がります。
このように前に倒すには前に重心が移動しなければならないので「前重心」を少し意識すると前に倒しやすくなる、というわけです。

草履の場合、下駄ほど明確にはわかりませんが、同じような動きになるよう若干の反りが入っている物が多いです。

雪駄の場合、このようなイメージでももちろん良いのですが、雪駄はあえて引きずる事で踵についた金具と地面を擦らせ「チャリッチャリッ」とした独特な音を立てながら歩く方がより雪駄らしいです。
いずれにしても前重心で歩く必要がありますので、基本が変わるわけではありません。

前重心と、もう一つ共通していえる事があります。
それは歩幅を大きく取らないこと。
これは着物を着ている想定のためです。

というよりも着物を着ている場合、着物がまとわりつくようになるため、歩幅が洋服時のそれよりも小さくなります。
歩幅を小さくする事で、爪先を使ってちょこちょこ歩くようになり、それが前重心にも自然と繋がります。
なので、着物を着て、和装履物を履けば、自然と教科書通りになりますよ、というわけなんです。
だから意識をせず、普通に歩いて頂ければ大丈夫です。

下駄履き例

 

文章標籤

伊賀山人 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

 

 「長い夜」は、日本のシンガーソングライター松山 千春(まつやま ちはる、1955年12月16日 - )が、1981年4月21日 に発表した自身10枚目となるシングルレコードです。

 

 それまでの松山の楽曲はフォーク調でしたが、この曲で初めてロック風のアレンジにしたため、本人も余り売れるとは思っていなかったようですが、1978年に発表した「季節の中で」以来3年振りとなるオリコン・シングルチャートでの1位獲得となり、今では松山の最大のヒット曲となっています。

 

 歌詞の内容は、満天の星空の下で恋人を思う男の心境を詠じたものです。

 詞中の 「長い夜を 飛び越えてみたい」とは、分かりにくい表現ですが、これは「空間的」にではなく「時間的」に飛び越えることを意味しているようです。つまり、「夕刻の一時だけではなく、夜明けまでの長い一夜を共にしたい」との願望を表わすものと解釈しておきます。

 

 

 長い夜
 長的夜晚

                    作詞・作曲・演唱:松山千春
恋にゆれる 心ひとつ
お前だけを 追いかけているよ
おいでここへ 僕のそばに
もえるような 口づけをあげる

為戀愛搖晃的 心一個
只追趕著你
來到這裡 我向一側
象燃燒一樣的 想接吻

 

長い夜を 飛び越えてみたい
お前だけに この愛を誓う
重ねたうでの ぬくもりに
とまどう 二人

想跳過長的夜晚一下
向你只發誓這個愛
重疊的手臂的 向溫暖
躊躇的 二人

 

(間奏)

 

恋にゆれる 心ひとつ
お前だけを 抱きしめていたい
だから僕の 胸のときめき
きこえたなら 飛び込んでおいで

為戀愛搖晃的 心一個
想 只擁抱你
因此我的 胸的心跳
如果聽得見跳入在

 

長い夜を 飛び越えてみたい*1
お前だけに この愛を誓う
星降る夜に 誘われて
とまどう 二人
*2
想跳過長的夜晚一下
向你只發誓這個愛
星星落下的夜晚被引誘
躊躇的 二人

 

(*1~*2反覆)

 

 


長い夜 松山千春

 

文章標籤

伊賀山人 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

 

 「大空と大地の中で」は、日本のシンガーソングライター松山千春が1977年6月に発表したファースト・アルバム『君のために作った歌』(きみのためにつくったうた)のA面第2曲目に収録されている楽曲です。
 この曲は、北海道出身の松山千春の代表曲であり、さだまさしの「北の国から〜遥かなる大地より〜」と並んで、北海道をイメージするスタンダードナンバーとして40年を経た現在でも広く親しまれています。

 

 この楽曲は元々北海道で農業を営む松山の親友への応援歌として作られたもので、作詞・作曲共に松山によるものです。
 歌詞は、北の大地に生きる若者に「いつの日にか幸せをつかむために、今は様々な困難に挫けず前向きに進んで行け」と語りかける内容となっています。
 そのため、この曲は、日本の高校野球で北海道勢が甲子園に出場する際の応援歌としても、度々使用されています。

 

 また、今年8月20日には、新千歳空港発伊丹空港行きANA1142便の出発が、帰省ラッシュの影響で1時間以上も遅れて乗客のイライラが頂点に達する事態が生じました。
 その時、偶々乗り合わせていた松山千春から客室乗務員に「機内が和むように、歌いますよ」との申し出があり、客室乗務員がこの申し出を機長に報告、機長が特別に許可したことから、機内で乗務員用のマイクを使用して「大空と大地の中で」を熱唱するというサプライズ歌唱が実現しました。
 この時、歌だけでなく即興トークも展開、全日空に代わって遅延を謝罪し、出発を待つお客さんに「お疲れさまです」とねぎらいの言葉をかけ「地上係員も頑張っています。もう少し辛抱しましょう」と呼びかけました。
 松山の熱唱とトークのサービスにより機内のムードは一変して、乗客は大歓声と拍手で喜んだと報道されています。
 その時の歌唱について松山の事務所の関係者は「歌ったのは事実ですが、特にコメントすることはありません。」と多くを語ることはありませんでしたが、ANA広報は「遅延したことはお客さまにはおわび申し上げます。松山様には感謝申し上げます。」とコメントしています。

 

 2006年、松山千春のデビュー30周年を記念して、彼の出身地の足寄町で歌碑を建立することが町民の署名運動で盛り上がり、町議会満場一致の議決により同年9月15日に、松山が足寄から大きく旅立った玄関口であった旧国鉄足寄駅の跡地に建立されました。
 国鉄足寄駅は、1989年からは第3セクターの北海道ちほく高原鉄道が運営していましたが、利用者の激減に伴い、偶々松山のデビュー30周年となる2006年4月21日に廃駅となりました。
 この駅舎を利用して、8月9日に「道の駅あしょろ銀河ホール21」が開設されましたが、松山の歌碑はそれと併せて建立されたものです。
 この歌碑には、「大空と大地の中で」の歌詞と、松山の肖像、手形・足形などが刻まれており、手形に手をかざすと同曲が演奏される仕組みになっています。

 

 【旧国鉄足寄駅跡に建立された「大空と大地の中で」の歌碑】

 

 松山千春は、その独特の馴れ馴れしさと毒舌キャラとにより、兎角に好き嫌いの分かれる人物ですが、デビュー以来彼の優しい真心を知る北海道では変わらぬ好感を持たれており、就中出身地の足寄町では今でも絶大な人気を誇っています。

 

 広大無辺な北の大地を詠ずるこの曲が発表された丁度40年前の当時、北海道旭川市に住んでいた伊賀山人にとっても思い出の1曲です。

 

 なお、この楽曲の動画は著作権上短期間で削除されることが多いので、カバー版も含めて複数ご紹介します。

 

 

 大空と大地の中で
 天空和大地之中

 

果てしない大空と広い大地のその中で
いつの日か 幸せを
自分の腕でつかむよう
歩き出そう 明日の日に
ふり返るには まだ若い
ふきすさぶ 北風に
とばされぬよう とばぬよう

是與盡頭沒有的天空寬廣的大地那個中
是什麼時候的日 幸福
好像用自己的手臂抓住
走出那樣 向明天的日
向回顧過去 還年輕
刮大風的 向北風
好像不被迫飛的那樣 不飛

 

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

爲凍僵的雙手 吹氣呼吸
暖和 結冰的身體

  
生きる事が つらいとか
苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

活的事 辣
困苦 說向之前
如果成長爲野的花 最大限度活

 

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

爲凍僵的雙手 吹氣呼吸
暖和 結冰的身體

 

生きる事が つらいとか
苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

活的事 辣
困苦說向之前

如果成長爲野的花 最大限度活

 

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて
 
爲凍僵的雙手 吹氣呼吸
暖和 結冰的身體

 

果てしない大空と広い大地のその中で
いつの日か幸せを 

自分の腕でつかむよう
自分の腕でつかむよう~

是與盡頭沒有的天空寬廣的大地那個中
是什麼時候的日幸福

為了用自己的手臂抓住
為了用自己的手臂抓住~

 

 

 

 

 

 

文章標籤

伊賀山人 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

您尚未登入,將以訪客身份留言。亦可以上方服務帳號登入留言

請輸入暱稱 ( 最多顯示 6 個中文字元 )

請輸入標題 ( 最多顯示 9 個中文字元 )

請輸入內容 ( 最多 140 個中文字元 )

請輸入左方認證碼:

看不懂,換張圖

請輸入驗證碼